[こころやすらぐ家]三重松阪 住まいの新築・注文住宅・リフォームの事ならカルナホーム

お気軽にお電話ください:0598-36-7788 (日・祝定休)9:00~18:00

耐震補強
  • あなたの住まいは大丈夫?耐震補強はお済みですか?

    耐震補強とは、耐震診断の結果を基に地震に弱い部分を補強し
    大地震にも耐えられる強さを備える工事です。
    効率よく耐久性を高めるには、どのように補強するか
    工事前にしっかり確認することが大切です。
    カルナホームでは無料で「お住まいの地震診断」を行っております。
    どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

  • カルナホームで地震対策

    カルナホームでの地震対策は大きく分けて「耐震」「制震」「免震」の3つになります。
    当社では、モノコックという面で支えた耐震構造を標準仕様としています。
    またガーディアンホース(※1)を取り入れた制震構造をオプションに推奨しています。
    ※1.「ガーディアンホース」とは・・・リフォーム用制震金物工法の事

  • 耐震構造
  • 制震構造
  • 免震構造
  • 耐震構造

    地震や台風などの力に耐えられるよう、骨組みを丈夫にした構造を耐震構造といいます。
    大きな地震が起きる度に建築基準法が改正され耐震設計の基準も強化されています。

  • 制震構造

    骨組みに特殊な装置を装備し、地震エネルギーを吸収する構造を制震構造といいます。
    内外装の損傷も防ぐので、地震後のコスト低減につながります。

  • 免震構造

    基礎の土台の間に特殊な装置を配置することで、自身の揺れを建物に伝わりにくくする構造を免震構造といいます。
    建物本体に揺れをほとんど伝えないことから家財道具の損傷などの2次被害も防ぐことができます。

耐震・制震・免震、それぞれの地震対策工法の違い

工法比較
  • 地震の揺れを抑える「制振装置“αダンパーEXⅡ”」

    地震の揺れを抑える「制振装置“αダンパーEXⅡ”」

    制振装置“αダンパーEXⅡ”は
    突発的な大地震やその後に繰り返し発生する余震をも
    効果的に吸収します。
    一般的に現在の耐震住宅において建築基準が守られていれば
    地震による倒壊の危険性は少ないと言われております。
    実際倒壊の恐れはないにしても、地震を受けた住宅の性能は
    著しく低下してしまいます。
    また、その補修にはもちろん費用が発生してしまい、お住まいの方にとっての大きな負担となってしまいます。
    制振装置“αダンパーEXⅡ”ではお住まいのダメージを最小限に抑えると共に、財産保持性能を高めます。

株式会社トキワシステム
[こころやすらぐ家]三重松阪 住まいの新築・注文住宅・リフォームの事ならカルナホーム/〒514-1104 三重県松阪市桂瀬町248
お気軽にお電話ください:0598-36-7788 (日・祝定休)9:00~18:00
::: リペア
  • 新着情報

〒514-1104
三重県松阪市桂瀬町248
TEL.0598-36-7788
FAX.0598-36-7778
9:00 ~ 18:00 (日・祝定休)
メールでのお問い合わせ